ニキビ跡は絶対に潰しちゃダメ!

今はすっかり縁遠くなりました、ニキビ。ありがたいことです。

 

学生時代は、ホルモンバランスのせいなのか、タバコのせいなのか、夜ふかしのせいなのか、はたまた深酒のせいなのか、それともそれら全てのせいだったのか、顔中ぶつぶつだらけ、憂鬱な日々でした。
鏡を見るのも嫌だったし、写真もあまり残っていません。

 

で、どうしたかというと、上記のような自堕落な生活は棚に上げて、ニキビを専門的に治療してくれる皮膚科に通っていました。
ここの先生、本当にお肌がきれい。
すっぴんでも全く問題なし、ニキビって何?という感じ。

 

そんなピカピカの先生の問診を受けたあと、別室のベットに寝転び、看護婦さんにニキビケアをしてもらいます。
蒸しタオルを載せてしばらく待った後、吸引器具で顔の油を吸引、その後冷たいタオルで引き締め…。
学生なので無駄に時間とお金があったから、結構長いこと通い続けましたが、結局あまり改善せず。
そりゃそうですよね、上記のような生活では。
今思えば方向性まるっきり間違ってたのかなと思います。

 

結局ニキビは大学生活が落ち着いてくると、次第になくなっていき、後にはニキビ跡を残すのみ。
しかしこのニキビ跡、悔やんでも悔やみきれないのが、ニキビのできていた当時、気になってすぐ潰しちゃってたので、アラサーである現在もそれなりに残っていて、ああ馬鹿だったなーと顔を見るたび思います。
ニキビそのものができている時よりは憂鬱ではないけど、ニキビ跡はいつまでたっても跡なので。

 

というわけで現在ニキビと戦っておられる皆様。
間違っても私のように、ニキビをぶちぶち潰して中の皮脂を無理やり出したりしないようにしましょう。
スッキリするのはその時だけですよー。