大人ニキビの治し方をしっかりと考えよう

ニキビ跡が残らないようにケアするのが大事!

ニキビには10代の頃から30代の今でも悩まされています。
10代の頃は思春期のニキビでした。
思春期のニキビは、赤くなって大きくなりがちで、
目立つのでどうしても触ってつぶしてしまいたくなりました。

 

つぶすと、その時は早く治った気になるのですが、それは恐ろしいことに、
ニキビ跡となって一生残るのでした。

 

当時はそんな風に思わないから、その場しのぎでつぶしてしまっていました。
本当に後悔しています。ニキビ跡は、化粧品でも、隠し切れません。

 

クレーターのようになって頬に残って、本当に嫌です。
思春期を過ぎると、今度は大人ニキビに悩まされました。

 

大人ニキビは、あごから首にかけてできます。
これもシミのようなニキビ跡になって、なかなか治らず、本当に困りました。
あと、妊娠したときに、妊娠が原因か分かりませんが、
胸のところに赤いニキビがバーっと出てきたことがありました。

 

病院で薬をもらって塗っていましたが、あまり効きませんでした。
結局出産したら自然と治っていったので、やっぱり妊娠して体の変化があったのが原因だったようです。

 

ニキビは、皮膚科に行くのが一番だといいます。
ひどくなったら、皮膚科の薬が一番効くようです。

 

私は今では、ニキビはできても一、二個ですが、
一つ治っても跡が消えるのに時間がかかり、
そうこうしている間に新しいニキビがどこかにできるので、
ニキビに困っていないときがないのが悩みです。

 

ニキビ跡は、なかなか消えません。
シミのようになって、今一生懸命美白美容液でケアしています。
美白美容液を使うと、少しずつですが薄くなってきています。
そうこうしている間に新しいニキビ跡がまた一つできてしまったので、
気分は暗いですが、なんとか二つとも綺麗に消えて欲しいと思っています。